サービスプロバイダーのためのVade MTA Builder(メール転送エージェント)

Vade MTA Builderは、大量のメールを処理するISPとメールサービスプロバイダー向けに構築された、柔軟性の高いモジュール式のカスタマイズ可能なメール転送エージェントです。

データシートのダウンロード
Fermer

Vade MTA Builder

Vade MTA Builderは、マイクロサービス上に構築されたGolang(Go)開発環境として提供されるため、ISPとメールサービスプロバイダーはMTAを完全にコントロールできます。貴社のために特別に開発されたカスタムメール転送エージェントを作成する機能が備え、商用ベンダーに依存する煩わしさを解消し、運用コストを5分の1に削減できるため、ソリューションの将来性が保証されます。

開発および移行の費用はゼロ、実行コストは5分の1に削減

  • コンプライアンスおよびセキュリティ基準の管理を維持
  • データの整合性を保証
  • 独自テンプレートの作成
  • DevOpsオーケストレーションツールとの統合
  • スモークテストの実行
  • 本番環境でポリシーの変更を実装
  • SOCおよびSOARシステムの統合
  • 埋め込み環境で展開

貴社のニーズに合わせるためにMTAをいじるのではなく、貴社のニーズを満たす独自のMTAを数分で構築します

モノリシックアーキテクチャ上に構築される従来のMTAは、運用チームに大きな負担と制限をもたらします。Vade MTA Builderは、迅速な拡張、ポリシーの更新、リアルタイムのテストと展開を実行するのに必要な俊敏性を運用チームに提供します。完全にモジュール化されたアーキテクチャを備えたVade MTA Builderは、コンポーネントごとに専用のサービスを提供し、密接に連結されたアプリケーションの不安定性に関連する運用上の問題を取り除き、不要な費用を削減します。

  • 完全にモジュール式
    新しいアーキテクチャを展開することも、ベンダーソリューションからの改善や更新を待つこともなく、新しいインスタンスを生成してポリシーを編集します。
  • 高い柔軟性
    本番環境でポリシーの変更を実装、ルールパラメータの一時的な変更、MTA専用のカスタムテンプレートの作成を行います。
  • DevOps対応
    DevOpsシステムで展開して統合されます。Vade MTA Builderは、Kubernetes、Docker、Ansible、Chefなどのすべての主要なDevOpsオーケストレーションツールをサポートしています。
  • Golangベース
    独自のテンプレートを設計し、バージョンや変更の追跡およびMTAモジュールを軽量のGolang言語と統合します。
  • 自律的な開発とテスト
    軽量のGolangフレームワークを使用し、テスト環境でバグや機能障害を発見し、ポリシーテストを実行し、モジュールを開発します。
  • 運用と展開の簡素化
    SOCおよびSOARシステムをVade Secureが提供するREST APIと統合し、インシデント対応を自動化し、標準的な監視システムでアラートを設定します。

お問い合わせ

展開とサポート

展開

  • オンプレミスまたはオフプレミス
  • サポートされている最近のLinuxベースのオペレーティングシステム
  • コンテナ対応(標準のKubernetesログと監視)
  • 完全にスクリプト化可能(Ansible、Chef、Kubernetes)

サポート

  • 24時間年中無休のテクニカルサポート
  • 専用のアカウントサービス
  • 専門的な移行サービス

詳細をご希望ですか?
Vade MTA Builderに関する専門家による説明をご要望の際は、当社にお問い合わせください。

お問い合わせ