スピアフィッシングとビジネスメール詐欺をブロックする

Vade のスピアフィッシング対策テクノロジーは、異常検知や自然言語処理などの人工知能を活用して、スピアフィッシングメール内のなりすまし攻撃や悪意のあるパターンを特定します。

ソリューションの概要を見る ›
group-7@2x
Solution Brief

検出できないものをAIと人知によって検出する

スピアフィッシングメールは、すばやく的確であり、スキャンできるURLや添付ファイルがありません。ビジネスメール詐欺の攻撃を特定するために、VadeのAIは、ユーザーレポートと10億個のメールボックスのデータベースの両方で訓練されているため、他のソリューションが見逃してしまうスピアフィッシングの分かりにくい兆候を検出します。

  • メールアドレレスとドメインのなりすまし
  • 不審なテキストコンテンツ
  • 異常なメールトラフィック

  • 偽の表示名

AIを基本とするスピアフィッシング対策テクノロジー

言語に依存しないVadeが特許を取得したスピアフィッシング対策テクノロジーは、教師ありおよび教師なし学習アルゴリズムを組み合わせて、あらゆる形式のビジネスメール詐欺を特定してブロックします。

group-20

異常検知機能

従業員同士の正常なコミュニケーションパターンをまとめた匿名ファイルを作成します。

group-25

行動分析

メールのコンテキストと内容を分析し、ビジネスメール詐欺で一般的な悪用パターンを認識します。

自然言語処理*

スピアフィッシングメールや件名によく見られる不審な言葉遣いや文法的および文体的な選択を特定します。
group-25

スピアフィッシング警告バナー

異常や不審な活動が発見されると、完全にカスタマイズ可能な警告バナーが表示されます。

group-23 (1)

自動的なワンクリック修復機能*

すでに配信されたメール脅威をユーザーの受信トレイから自動的に削除します。管理者も同様に、ワンクリックで配信された脅威を修復することができます。

Microsoft 365のためのスピアフィッシング対策

Vade for M365は、Exchange Online Protection(EOP)の上にスピアフィッシング対策保護の追加レイヤーを配します。VadeのAIアルゴリズムは、メールの送信元、内容、文脈をスキャンして、Microsoft 365のユーザーを標的とするスピアフィッシングとビジネスメール詐欺の攻撃を特定します。

詳細を見る ›

フィッシング・リソース

ホワイトペーパー

スピアフィッシング:貴社を狙う標的型攻撃

さらに詳しく >

スピアフィッシングからビジネスを守る準備はいいですか?