MSPのためのインシデント対応

サイバーセキュリティによるビジネスチャンスが出現し、MSPはマネージドセキュリティサービスに移行していますが、さまざまな顧客のサイバーセキュリティの管理は、時間がかかるうえに非常に複雑です。MSPには、使いやすく、テナント間で機能するインシデント対応ツールが必要です。

ソリューションの概要を読む
incident-response-2nd-block

Microsoft 365向けのマネージドセキュリティサービスの構築

インシデントへの対応とMicrosoft 365を対象としたメール脅威の修復は、MSPにとって、時間と費用がかかるフルタイムの仕事です。MSP Responseは、クロステナントのダッシュボードで脅威を一元管理し、インシデント対応機能を提供して、MSPがVade for M365を使って、堅牢な脅威検出機能とインシデント対応サービスを構築できるようにします。

MSP Responseは、VadeのパートナーポータルでVade for M365のテナントを一元化します。また、重要なメールのログデータ、ユーザーフィードバックレポート、ワンクリック修復機能など、単純化されたインターフェイスを備えています。

デモをリクエストする

:特徴

顧客ベース全体のメールを修復

Vade for M365のテナント間で脅威を特定

統合されたダッシュボードからマネージドサービスを提供

MSPにとってのMSP Responseの主なメリット

  • 1つのソリューションでスケーラブルなマネージドセキュリティサービスを構築します。
  • 革新的な新しい脅威に対応する時間を短縮
  • 1箇所から顧客全体のサイバーセキュリティの概観を把握
  • ロータッチなソリューションであるため、貴重なITリソースを解放
  • 追加のツールやアドオンをインストールは不要
  • パートナーポータルに完全に統合され、追加手数料は不要*
*パートナーアクセスを有効にする必要があります。

Vade for M365

詳細を伝えます

全世界で2億5800万人のユーザーを抱えるMicrosoft 365はサイバー攻撃の第一の標的です。MSPが、Vade for M365の脅威対策、ユーザの認識トレーニング、およびインシデント対応を選ぶ理由を知りましょう。

さらに学ぶ 

MSP Responseを使用してマネージドセキュリティサービスを構築する準備はいいですか?