Microsoft 365を強化する

2億5800万人の商用ユーザーを抱えるMicrosoft 365はサイバー攻撃の第一の標的です。MSPが、Vade for M365の脅威対策、ユーザーの認識トレーニング、およびインシデント対応を選ぶ理由を知りましょう。

無料トライアルを開始
group-19@2x

比類のない脅威インテリジェンスを備えた予測的なAIテクノロジー比類のない脅威インテリジェンスを備えた予測的なAIテクノロジー

1日に1,000億件以上のメールをスキャンするため、当社のAIエンジンは、Microsoft 365の最新のメール脅威から継続的に学習して、動的フィッシング、ランサムウェア、およびスピアフィッシング攻撃を駆除します。

command-symbol
%64
23,000個のメールボックスの分析に関して、Vade for M365のキャッチ率はExchange Online Protection(EOP)よりも64%向上しました。
なぜVadeなのか?

自己学習型AIテクノロジーでMicrosoft 365のメール脅威を駆除する

フィッシング対策

発見 ›

スピアフィッシング対策/
BEC

発見 ›

マルウェア対策/
ランサムウェア

さらに学ぶ›

Vade for M365


管理、バンドル、販売が簡単。この製品のガイド付きツアーを視聴して、MSPがマネージドセキュリティサービスとしてVade for M365を選ぶ理由を知りましょう。

デモを観る

MSP専用の統合された機能

Vade for M365は、バンドル、販売、管理が簡単なサイバーセキュリティサービスをパートナーが作成できる価値の高いロータッチ機能を提供します。

 

MSP Response

テナント全体のメール脅威を修正し、中央からクライアントを管理します。

Auto-Remediate

メールボックスを継続的にスキャンし、既に配信されたメール脅威を自動的に削除します。

user-training

Threat Coach

ユーザーが悪意のあるメールを操作したときに、自動化された状況に合ったトレーニングを配信して軌道修正を図ります。

group-30 (2)

APIベースのアーキテクチャは、不可視性とシンプルさを提供します

APIの統合により、クライアントのMXレコードを変更する必要がなくなり、ハッカーには見えなくなります。つまり、MSPにとって管理が簡単になると同時に、リバースエンジニアリングから保護します。

ソリューションの概要

Vade for M365
動的なMicrosoftのメール脅威を阻止し、自動化されたユーザー認識トレーニングを配信し、Microsoft 365向けのAIベースのソリューションでサイバーセキュリティインシデントに対応します。

ソリューションの概要を見る >

Vade for M365の主なメリット

Vade for M365は、管理に費やす時間を減らし、ビジネスに集中する時間を増やしたい多忙なMSPに最適です。



 

 

 

数分で展開できる

EOPと多層化して使用できる

一度設定したら、後は手がかからない

 

MXレコードの変更不要

 

なぜヴァデ

Vade for M365を販売する理由は?

パートナーは私たちのビジネスの核心です。協力し合うことで、私たちは、Vade for M365でビジネスを成長させている数千社のパートナーとパートナーエコシステムを構築しています。

アワード

Vade-Awards