MSP専用のMicrosoft 365メールセキュリティ

3億4500万人の商用ユーザーを抱えるMicrosoftはサイバー攻撃の第一の標的です。しかし、絶えず現れる脅威と複雑なソリューションは、MSPにとって時間と費用を要します。Vade for M365は、Microsoft 365向けのAIを基本とするメールセキュリティソリューションであり、MSPが単一のソリューションを使ってスケーラブルなマネージドセキュリティサービスを構築するのを可能にします。

waves-product_animated

4億個のメールボックスを保護

世界中の14億個のメールボックスを保護するVadeのAIエンジンを搭載したVade for M365には、強力なAIを基本とする保護機能と統合機能が組み込まれているため、MSPは時間を節約し、管理者の作業負荷を軽減し、サイバーセキュリティから高い費用対効果を得られるようになります。

顧客とビジネスをMicrosoft 365のメールセキュリティの脅威から保護

ゼロデイフィッシングやランサムウェアなどの高度なメールセキュリティの脅威は、Microsoft EOPやDefenderをすり抜けて、顧客やビジネスを危険にさらすことが知られています。Vade for M365は、言語を問わず、コンテンツとコンテキストの両方を分析するAIアルゴリズムを使用して、メールとWebページを分析します。また、当社が保護している14億個のメールボックスは、世界中のユーザーから得た脅威情報をAIエンジンに供給する強力なフィードバックループを提供します。

フィッシング対策
発見 ›
マルウェア対策/ランサムウェア
発見 ›
スピアフィッシング対策/BEC
発見 ›

顧客には最大限のメールセキュリティを提供し、MSPの量力は最小限に抑える

さまざまな顧客のサイバーセキュリティを管理することは、時間を要するうえに複雑であり、MSPのマージンを圧迫します。Vade for M365は、MSPのビジネスの成長を助け、MSPがより多くの顧客を管理し、サイバーセキュリティの投資利益率を高めるのに役立つ、総合的なロータッチ機能を提供します。

マルチテナントのインシデント対応

テナント全体のメール脅威を修復し、中央から顧客を管理します。

auto-remediation
自動修復

メールボックスを継続的にスキャンし、既に配信されたメール脅威を自動的に削除します。

自動化されたユーザー認識トレーニング

ユーザが悪意のあるメールを操作したときに、自動化された状況に合ったトレーニングを配信して軌道修正を図ります。

Threat Intel & Investigation

メールログを任意のSIEM/SOAR/XDR にエクスポートし、メールと添付ファイルのフォレンジック検査を実施し、ユーザから報告されたメールを修復します。

we-dont-stick-our-departments
Splunkとネイティブに統合

コードを1行も書かずにVade for M365のメールログをSplunkにエクスポートします。

簡単なデモを見る

Vade for M365

この製品の簡単な紹介ビデオを見て、MSPがVade for M365を選ぶ理由を知りましょう

デモを観る
demo-3

使いやすく管理しやすい、MSPのための製品

Vade for M365は、複雑で時間のかかるツールに費やす時間を減らして、収益を生み出す活動により多くの時間を費やしたい多忙なMSP向けに 作られています。

MXレコードの変更不要
数分で展開できる
EOPと多層化して使用できる
一度設定したら、後は手がかからない
we-dont-stick-our-departments
ハッカーに見えない

Vadeについてより詳しく知る

Vadeを選んだ理由は?

1.4 億個

保護されているメールボックス数

1000 億件

1日に分析されるメール数

100 万件

Computer Visionによって1日にブロックされるアイテム数

1 万件

分間に更新されるアルゴリズム数