MSPのためのサイバーセキュリティ

サイバーセキュリティのことは私たちにお任せください。そして、貴社のビジネスに集中してください。VadeのMSP向けのソリューションは、迅速な展開、使いやすさ、最適な保護を実現するために設計されています。当社のMSP向けのソリューションをご覧になって、Vadeを選ぶことで、人員を増やさずにマネージドセキュリティサービスをどのように成長させることができるのかを知りましょう。

お問い合わせ

メールを介したサイバー攻撃からMicrosoft 365の顧客を保護する

マイクロソフトはハッカーの最大の標的であるため、顧客を保護する責任を担うMSPに対するセキュリティ上の課題を生み出します。マイクロソフトのネイティブなメールセキュリティは標準的な脅威をキャッチしますが、Microsoft 365に対する今日の動的な攻撃から守ることはできません。
Vade for M365は、洗練されたランサムウェア、フィッシング、およびスピアフィッシング攻撃を阻止するロータッチのAIベースの脅威検出かつ対策ソリューションです。APIを介してMicrosoft 365と統合されるこのソリューションは、特許取得済みのAIテクノロジーが支援する保護レイヤーが追加されているため、Microsoft Exchange Online Protection(EOP)を強化します。

詳細を見る

スケーラブルなサイバーセキュリティソリューションでマネージドセキュリティサービスを成長させる

Microsoft 365の人気が高いため、これは、現在マネージドセキュリティサービスを提供している、または、提供する予定のMSPに最適ですが、複雑なサイバーセキュリティソリューションには高度なスキルを備えたスタッフが必要であり、貴重な時間とリソースを消費することになります。

Microsoft 365のマネージドセキュリティサービスを拡大したいMSPには、品質に妥協したり、人員を増やしたりすることなく、迅速に展開して簡単に管理可能なソリューションが必要です。

MSPにとってのVade for M365の主なメリット

  • 展開、バンドル、販売が簡単
  • ワンクリックで設定できる簡単なインターフェイス
  • MX変更または移行の必要なし
  • テナント間でのインシデント対応管理
  • メンテナンス業務は少なく、マージンは高い
  • すばやい価値実現、隠れたライセンス費用なし



ロータッチで合理化されたマネージドセキュリティサービスの統合機能

ロータッチで合理化されたマネージドセキュリティサービスの統合機能

Vade for M365は、MSPが単一のソリューションでさまざまなマネージドサービスを作成して販売できる統合された無料の機能を提供します。

AIを基本とした脅威検出

イベント管理

インシデントレスポンス

ユーザーの認識トレーニング

Microsoft 365のマネージドセキュリティサービスを急速に発展させる準備はできましたか?