中小企業のためのサイバーセキュリティ

小規模だからといって標的にならない企業などありません。2020年に中小企業の55%がサイバー攻撃を経験しましたが、攻撃の83%は金銭を狙ったものでした。中小企業として、ビジネスを保護することは、従業員、顧客、およびパートナーを保護するために不可欠です。

さらに学ぶ ›
smb-hero

動的なメール脅威からMicrosoft 365ユーザを保護

Microsoft 365は、サイバー攻撃最大の法人ターゲットです。中小企業の最も機密性の高いデータがOneDriveとSharePointでホストされている場合、Microsoft 365の認証情報を1組入手するだけで、サイバー犯罪者は最大の見返りを得ることができます。

Vade for M365は、洗練されたフィッシング、ランサムウェアおよびマルウェア、スピアフィッシング(ビジネスメール詐欺)攻撃をブロックするAIベースの脅威検出および対策ソリューションです。あらゆる規模の中小企業に対応できるように設計されており、APIを介してMicrosoft 365と統合されるため使いやすく、しかもハッカーには見えません。

さらに学ぶ ›

大企業のITリソースを必要とすることなく、高度なMicrosoft 365攻撃をブロック

Vade for M365はわずか数ステップで起動します。移行や複雑なコンフィグレーションは必要ありません。あらゆる規模の中小企業向けに独自に設計されています。

中小企業にとってのVade for M365の主なメリット

  • 展開と管理が簡単
  • インターフェイスがシンプルで、ワンクリッで設定可能
  • MX変更または移行は不要
  • Microsoftに比べて64%のキャッチ率の向上
  • メンテナンス業務の少なさ

中小企業がVade for M365を選ぶ理由を知りましょう

ビジネスとともに成長する統合機能

Vade for M365は、最大の効果を発揮するように設計された、コストのかからない統合機能を備えています。自動化されていて使いやすい各製品は、複雑なサイバーセキュリティツールやメンテナンスに気を取られることなく、中小企業がビジネスに集中できるように設計されています。

user-training

ユーザの認識トレーニング

ユーザが悪意のあるメールを操作したときに、自動化された状況に合ったトレーニングを配信して軌道修正を図ります。

group-11

脅威インテリジェンスと調査

SIEM統合と高度な脅威調査ツールを提供して、徹底した脅威分析を実行します。

group-15 (2)

自動修復

メールボックスを継続的にスキャンし、既に配信された脅威を自動的に削除します。

Vadeを選ぶ準備はできましたか?