AIを基本とするサイバーセキュリティ

ISPやMSP、中小企業は、フィッシング、スピアフィッシング、マルウェアなどの高度なサイバーセキュリティの脅威からユーザーとビジネスを保護するためにVadeを選択しています。

デモをリクエストする ›

group-37
Vadeを選ぶ理由は?

世界のデジタルコミュニケーションを高度な脅威から守ること

主要なISPを通して消費者を保護する場合でも、MSPパートナーを介して中小企業を保護する場合でも、当社のAIを基本としたメールセキュリティソリューションは検出不可能な脅威を見抜きます。

フィッシング対策

従来のソリューションをすり抜ける動的なフィッシング攻撃をブロックします。

発見 ›

スピアフィッシング対策

標的型のスピアフィッシングとビジネスメール詐欺攻撃をブロックします。

発見 ›

マルウェアおよびランサムウェア対策

検出が難しいポリモーフィック型およびゼロデイマルウェア攻撃をブロックします。

発見 ›

ハッカーが好んで悪用するブランドを保護します

Vade for Microsoft 365

Microsoftは、サイバー攻撃における法人分野最大のターゲットです。Microsoftが見逃してしまう攻撃をキャッチするAIを基本とする脅威検出と対応ソリューションを使って、Microsoft 365のメールセキュリティを強化します。Vade for M365は、MSP専用に設計されており、MSPがバンドル・販売・管理しやすいマネージドセキュリティサービスを作成できるようにする堅牢なインシデント対応機能を備えています。

詳細を見る ›
脅威の検出と対応における世界的なリーダー

10億個以上の保護しているメールボックスから収集したデータを活用するAIベースの脅威検出

Vadeの多層分析は、ヒューリスティック手法と行動分析テクノロジーを組み合わせて、10億個の保護されたメールボックスから収集した脅威インテリジェンスを活用します。脅威検出に対する当社の行動アプローチは、シグネチャやレピュテーションベースのスキャンを上回り、高度な攻撃を予測して、ブロックして修復する特許取得済みのマシンラーニングとディープラーニングテクノロジーを活用しています。

0

1分間に更新されるアルゴリズム数

0 billion

保護されているメールボックス数

0 billion

Computer Visionによって1日にブロックされるアイテム数

0 billion

1日に分析されるメール数

お問い合わせ

お問い合わせ ›