ブログの注目のメールセキュリティコンテンツ

サイバー犯罪統計データ:2020年の最大の脅威と最も損害額の大きかった詐欺

2020年は、フィッシング攻撃が2倍になり、新型コロナウィルス関連の詐欺が猛威を振るい、ランサムウェアが大混乱を引き起こしました。FBIの2020年インターネット犯罪報告書(IC3)によると、フィッシングは、不払いや不着、恐喝、個人情報の漏洩、個人情報の窃盗な...
calendar-blog

4月 08 2021

watch-blog

1 分

サイバー犯罪統計データ:2020年の最大の脅威と最も損害額の大きかった詐欺

calendar

4月 08 2021

2020年は、フィッシング攻撃が2倍になり、新型コロナウィルス関連の詐欺が猛威を振るい、ランサムウェアが大混乱を引き起こしました。FBIの2020年インターネット犯罪報告書(IC3)によると、フィッシングは、不払いや不着、恐喝、個人情報の漏洩、個人情報の窃盗などによって最も多くの被害者を出し、2020年のサイバー犯罪トップ5の首位に立ちました。以下は、今年最も注目を集めたサイバー犯罪の統計データです。
Microsoft Exchangeのハッキングによって、トップに立つことの欠点が明らかになりました

Microsoft Exchangeのハッキングによって、トップに立つことの欠点が明らかになりました

calendar

4月 01 2021

2020年3月に報告されたMicrosoft Exchangeのハッキングは、最近多く見られるサイバースパイグループによるMicrosoftに対する攻撃の1つに過ぎません。2020年12月のSolarWindsのハッキングでは十分に明らかになっていなかったとしても、この最新のハッキングから、Microsoftが世界で最大かつ最も収益性の高いハッキングの標的の1つであることが分かります。
ロゴ検出テクノロジーの最新情報

ロゴ検出テクノロジーの最新情報

calendar

3月 25 2021

ウェブスキャナーは、URLやページ構造、CSSなどの数十個のウェブページの要素を分析して、それがフィッシングページであるかどうかを判断します。しかし、多くのスキャナーに備わっていないのが画像分析機能です。 
Vade Secure for Microsoft 365におけるスピアフィッシングの類型検出についての発表

Vade Secure for Microsoft 365におけるスピアフィッシングの類型検出についての発表

calendar

3月 19 2021

Vade Secure for Microsoft 365の新機能であるスピアフィッシングエンジンは、脅威の類型に従ってスピアフィッシングメールを分類できるようになりました。このスピアフィッシングテクノロジーの最新のアップデートは、自然言語処理(NLP)と修正されたなりすまし検出アルゴリズムの組み合わせを特徴としています。その二つが連携して、テキストコンテンツを分析し、悪意を特定して、個々の企業を標的とする特定の種類のスピアフィッシングの脅威を明らかにしま[...]
メールのホワイトリストと信頼を自動化することのリスク

メールのホワイトリストと信頼を自動化することのリスク

calendar

3月 18 2021

メールのホワイトリストは、承認された送信者リストにメールアドレスを追加するプロセスです。理論的には、信頼できる送信者からの重要なメールがジャンクメールや迷惑メールフォルダに振り分けられることを防げるため、賢明な選択です。しかし、メールセキュリティに関しては、ホワイトリストに登録すると予期せぬ結果が生じる可能性があります。 
eBay詐欺が2020年に急増

eBay詐欺が2020年に急増

calendar

3月 04 2021

近年Amazonにリードされていた世界的なマーケットプレイスであるeBayは、2020年第2四半期に巻き返しました。消費者行動の劇的な変化に促されて、eBayの第2四半期の流通取引総額は29%増加し、同社は見事な復活を果たしました。同四半期に、Vade Secureは、eBayの固有のフィッシングURL数が54%増加していることを確認し、2020年のフィッシング攻撃で最もなりすましの多かったブランド20社のリストにeBayを追加しました。 

最新ブログのアラートを購読します。