ブログの注目のメールセキュリティコンテンツ

リモート画像がメールフィルターを限界に追い込む

MicrosoftやPayPalなどの人気ブランドになりすましたフィッシングメールを成功させるには視覚的コンテンツが必要です。ブランドロゴからカラフルな写真まで、画像は、そのメールが無害で正当であるという視覚的な手がかりを受信者に与えます。
calendar-blog

1月 19 2021

watch-blog

1 分

リモート画像がメールフィルターを限界に追い込む

calendar

1月 19 2021

MicrosoftやPayPalなどの人気ブランドになりすましたフィッシングメールを成功させるには視覚的コンテンツが必要です。ブランドロゴからカラフルな写真まで、画像は、そのメールが無害で正当であるという視覚的な手がかりを受信者に与えます。
Top 6 Phishing Trends of 2020

2020年フィッシングトレンドトップ6

calendar

1月 19 2021

ハッカーたちは、攻撃を発展させて新たなレベルに進化させています。フィッシングの最終的な目的は今までと変わりませんが、スプーフィング(なりすまし)の一番の標的が変わりつつあり、メールフィルターを回避する方法は、かつてないほどに高度になっています。これらは、2020年に入ってからVade Secureが確認したフィッシングトレンドのトップ6です。
BEC:英語優先のアルゴリズムに他の言語が及ぼす影響

BEC:英語優先のアルゴリズムに他の言語が及ぼす影響

calendar

1月 07 2021

その他のメール脅威と異なり、BEC(ビジネスメール詐欺)のメールは、一般的に数行のテキストで構成されており、URLや添付ファイル、その他のスキャンできる要素を伴いません。その結果、メールセキュリティベンダーは、それがBEC攻撃の可能性のあるものかどうかを知るために、AIアルゴリズムにテキストの内容の分析を頼っています。 
ハッカーはIMAPを使ってトランスポート層を回避してスパムを仕込む

ハッカーはIMAPを使ってトランスポート層を回避してスパムを仕込む

calendar

12月 15 2020

Vade Secureは、トランスポート層を通過せずにメールボックスに直接届けられるスパムメールの波を検出しました。1日で最高の30万件のスパムメッセージを含むこの波は、フランスやイタリアなどヨーロッパ各地で検出されています。
2021年メールセキュリティ予測:ハッカーが企業を狙う6つの方法

2021年メールセキュリティ予測:ハッカーが企業を狙う6つの方法

calendar

12月 10 2020

来る年に出現する最大級のメールセキュリティの脅威についての見通しを立てる時期が今年もやってきました。Vade Secureの専門家が、2021年に企業に最も大きな影響を与えるであろう脅威について意見を述べました。
Ransomware Payments

米国政府がランサムウェアの支払いをする企業を取り締まる

calendar

12月 03 2020

企業は、ランサムウェア攻撃の悪夢をすぐに終わらせるために、ランサムウェアの支払いをする気になるかもしれませんが、それは企業にとって最も危険な決断の一つです。身代金を支払っても、企業がデータを回復できる保証はありません。しかも、新しい規制が施行されたため、法的責任を問われる可能性もあります。

最新ブログのアラートを購読します。