ホームページ2018-09-18T11:09:26+00:00

Office 365の脅威、およびそれらを阻止する方法についてさらに詳しく知る。

人工知能を使って、新しい攻撃から電子メールを保護しましょう。

マルウェアやランサムウェア、フィッシング、標的型攻撃、スピアフィッシングなどの攻撃は、ますます進化しています。従来の対策システムやクラウドに統合されている対策システムでは不十分です。

押し寄せる攻撃を、一番最初のバージョンからブロックするために、このフィルターは、機械学習および予測的でヒューリスティック法則に基づいてた人工知能を活用しています。日々の数十億におよぶ電子メールの組成要素の分析を活用することで、このフィルターは、既知、未知、ポリモーフィックなどのあらゆる脅威から電子メールシステムを守るために、自動的に毎分更新されます。10年以上におよび実証されてきたこの予測防御方法は、電子メールをあらゆる種類のサイバー攻撃から守り、重要度の低い電子メールの管理をすることで、ユーザー体験は改善されます。

当社の製品をご覧ください

Office 365のためのVade Secure

Office365のためのVade Secureは、Office 365とAPIベースでネイティブに統合する唯一のメールセキュリティソリューションであり、管理者とユーザーに優れた体験を提供します。

管理者にとって有効化と設定が簡単

立ち上げて、数回クリックするだけで起動します。MXレコードを変更は必要ありません!Vade Secureに貴社のOffice 365のメールフローへのアクセスを許可し、フィルタリングポリシーを設定するだけでよいのです。フィッシング対策URLとスピアフィッシングバナーをカスタマイズすることもできます。

Vade Secure for Office 365の詳細をご覧ください。

ユーザーにとって使いやすく完全に透過的

使い慣れたOffice 365のインターフェースをそのままお使いいただけます。隔離の必要はありません。脅威は阻止されていて、優先度の低いメールは既存のOutlookフォルダに分類されていることを分かったうえで、優先度の高いメールに集中することができます。

Vade Secure for Office 365の詳細をご覧ください。

当社のサイバー防御ソリューション

マルウェア&
ランサムウェア

マルウェア対策ソリューションは、最適な性能をもたらす人工知能を活用することで獲得した、電子メールの送信元(IP評価)、その内容(添付ファイルのコード、フィンガープリント、サンドボックスによる保護)および、脅威の背景などの分析に基づいています。ゼロアワーの検出とポリモルフィック型マルウェアへの抵抗が、それらの主な特徴です。

このソリューションについての詳しく知る

フィッシング

ヒューリスティックな技術やマシーンラーニングを使うことで、関連リンクやページのための当社のスキャンエンジンは、URLのショートカットキーやURLの変更を使ったフィッシングの波に効果的です。ウェブページのスキャンは、クリック時に、リアルタイムで実行されます。

このソリューションについて詳しく知る

スピアフィッシング&
標的型攻撃

識別適合技術を使って、電子メールを調査し、ユーザーには特定することの難しい、技術や背景に関する小さな変化を検出します。この分析を受けて、IDの不正利用の有無を判断することができます。添付ファイルやURLリンクも同様に、マルウェアの侵入を防ぐために調査されます。

このソリューションについて詳しく知る

スパムと電子メール
優先順位の低い電子メール

当社のフィルターは、電子メールの内容を分析し、分類します、そして、優先順位の高い電子メールを通過させ、その他の電子メールをそれらのカテゴリーに従って識別します。
ユーザーは、単に優先順位の低い電子メール(通知、広告、ニュースレター…)にアクセスし、スパムや不要な電子メールは隔離されます。ユーザー体験は改善され、企業の生産性は最適化されます。

このソリューションについて詳しく知る

Vade Secure のパートナーはこちらです

彼らはVade Secureを信頼している

Vade Secure Customers

最後のブログ投稿

偽装スパム:メールマーケティングコードを利用する痛みを感じない攻撃

メールで持ち込まれる脅威を本当に理解していますか?   メールは、個人情報を狙うフィッシングや、同僚のIDを悪用して受信者の同意の元に情報を抜き出すスピアフィッシング、さらには、企業の情報システムのセキュリティを危険にさらすマルウェアなどの深刻な脅威の経路になり得ることで知られています。   しかし、脅威はそれだけではありません。それらの脅威は、詐欺メール(例:「インドにいる見知らぬ叔父から1億ドルを相続することになりました」等)と結びついているのが最も頻度の高い例ですが、中には正当なマーケティングメールの形を取っているものもあります。 偽装スパムとは何か? 偽装スパムとは、「人の目を欺くメール」という意味になりますが、つまり、マーケティングメールの画像と文章を使うことで、マーケティングメールとしてフィルターを通過してしまうメールです。   偽装スパムには添付ファイルも不正リンクもありません。その唯一の目的は、受信者にリモートサイトを訪問させて収益を得ることです。 偽装スパムのメリットは何か?また、ハッカーはこの攻撃からどのように利益を得るのか? [...]

次の電子メールセキュリティイベント

従来の電子メール保護ソリューションはもはや有効ではありません。
あなたの防衛システムを再考してください。

76

500M

保護された電子メール

5000 +
顧客
95%

更新レート