フィッシング詐欺の管理方法2018-07-31T12:23:55+00:00

IsItPhishing API

インテリジェントモデルと
技術協力

自動化されたシステムからモデルが提案され、当社のセキュリティチームのメンバーによって有効化され、更新されます。1日24時間年中無休

マシーンラーニング

URLやドキュメント(docx、Pdf、Imagesなど)について、自立学習機能を使って、休みなく分析される15種類以上の特徴

匿名化

フィッシングのリンクを分析し、隔離しながら、完全にクリアなリンクを閲覧する

モバイルのシュミレーション

フィッシングの標的となっているウェブページを阻止するためのモバイルユーザーの行動シュミレーション

フィッシングメールを特定する方法とは?

長所

予測保護
マシーンラーニング技術を備えたモデルに基づいた技術の組み合わせを使うことで、最初のスキャンで、添付ファイルやURLからのフィッシングウェブサイトを検知することができます。

使用が簡単
メッセージはメールボックス内、またはクリック時に「フィッシング」と特定されます。

迅速な応答
平均対応時間は1.4秒

個人情報の保護
トークンのランダム化によって、ユーザーの身元を隠します。

GDPR(EU一般データ保護規則)への適応
ご要望に応じて、このエンジンは、中央データセンターへ申請なしに、100%ローカルに機能することができます。

長期的防衛
Vade Secureは、自動的にフィッシングページを削除するために、ホスティング会社との無料のパートナーシップを発展させています。

貴社のユーザーのセキュリティを改善し、
貴社のサポートコストを削減しましょう

Vade Secureの『アラカルト製品』を使うことで、貴社のユーザーは、常に保護された状態にありながら、サポートを受ける必要性が少なくなります。電子メールの保護と分類は、予測的かつ自動的な方法で行われ、ディスクリプションはワンクリックで管理されます。

Vade Secureの製品を使って、
貴社のユーザーを保護しましょう。