Anti-Spear Phishing-JP 2018-06-27T11:41:51+00:00

スピアフィッシングまたは標的型攻撃:
検知するのが最も難しい

スピアフィッシングの目的は、人の(個人的または職業的)ネットワーク
内の誰かの身分を盗用して、その人を
だますことです。攻撃は、信頼関係を築く目的で、
電子メールのやりとりのみで行われ、その後、
被害者に、ある行動(添付ファイルの開封、振替の実行など)をするように
頼みます。最も高度なスピアフィッシングには、
外部サイトへのリンクがありません。

スピアフィッシング攻撃を阻止するために、Vade Secureは、
電子メールの送信者と内容、およびそのフィンガープリントを確認しながら、
その電子メールについてさまざまな分析を行います。

槍のフィッシングや企業の電子メールからユーザーを守る

スピアフィッシングの類型論

ホエーリング、CEO詐欺またはBEC(ビジネスメール詐欺)とも呼ばれるスピアフィッシングは、電子メールによる攻撃の最も高度な形式です。つまり、ハッカーから唯一一人の被害者に送信される電子メールであり、ほとんどの場合、リンクも添付ファイルもなく、テキストのみで構成されています。『典型的な』スピアフィッシング攻撃は、通常、信頼を得る目的で、ターゲットとの電子メールのやり取りから始まります。そうするために、略奪者は、ターゲットのネットワークに属する人物(従業員、家族、業者など)の身分を盗用して、矛盾のない話題でやり取りを始めます。従って、略奪者は、インターネット上で正当にアクセスできる情報(ソーシャル・ネットワーク、linkedIn、Twitter、 Facebookなど)やメディアを使って事前にターゲットやそのネットワークを良く調べておくのです。この形式の攻撃は、より成功率が高く、実際に最も危険な脅威となっています。

Spear Phishing attack

貴社の電子メールの保護サービス
に役立つ技術

受信フィルター

従来のフィルター技術を補足する、Vade Secureのヒューリスティックフィルターおよび人工知能は、未知の攻撃から貴社を保護し、標的型攻撃、CEO詐欺またはホエーリングを特定します。

Identity Match

Vade Secureが開発し、特許を取得した『IdentityMatch』は、送信者の身元を確認します。IdentityMatchは、あらゆる種類の身元詐称を検知するために考案されました。フィルターの確実性の度合いに応じて、このソリューションは、受信者への通知から電子メールの阻止に至るまで、適切に対応します。

内容の分析

Vade Secureのスピアフィッシング対策ソリューションは、この脅威と戦うために特別に開発されたヒューリスティックアルゴリズムに基づいています。このフィルターは、個人情報が要求されているかどうかを判断するために、電子メールの内容を分析します。そうするこによって、ユーザーを保護します。

スピアフィッシングは最も危険な脅威です、より理解を深め、防御する方法とは。

データシートをダウンロードする
Spear Phishing attack

スピアフィッシングを阻止する方法とは?

 

スピアフィッシング攻撃を阻止するために、Vade Secureは、電子メールの送信元や内容、およびフィンガープリントを確かめながら、いくつもの分析を実行します。

盗用対策としてのIdentityMatch

IdentityMatchは、あらゆる種類の身元詐称、つまり、人、メールアドレス、ドメインの盗用、を検知するために考案されました。フィルターの確実性の度合いに応じて、このソリューションは、受信者への通知から電子メールの純然たる阻止に至るまで、適切に対応します。IdentityMatchのパラメーターは、ユーザーや管理者によって変更することができます。

予測分析

Vade Secureのスピアフィッシング対策ソリューションには、標的型攻撃の枠内で考慮すべき最も重要な要素である、電子メールの送信元、内容および背景を同時に分析することができるヒューリスティックアルゴリズムが含まれています。内容と送信元だけを分析する従来のソリューションと異なり、Vade Secureにより使われている人工知能とIdentityMatchの技術は、このようにして、最初の電子メールのやり取りで脅威を特定することができます。

スピアフィッシングは、貴社組織にとって、圧倒的に最も危険な脅威です。

予測防御は、この種の攻撃に対して、唯一有効な防御です

デモを開始する