プロバイダーのためのメールセキュリティ:

メールはサイバー攻撃における最も重要な侵入口です。1500万以上のフィッシングサイトが毎月作成されており、貴社のメールユーザーは個人データと業務データが漏洩する危険に晒されています。貴社の顧客をメールベースのサイバー攻撃から保護し、受信ボックスを最大限に活用するために必要なシームレスなユーザー体験を提供しましょう。

お問い合わせ
isp-hero (1)

AIベースのメールフィルタリング

group-14@2x

Vade Secureのメールセキュリティ製品とソリューションは、世界最大のISPを含む、世界中の10億個以上のメールボックスを保護しています。毎日50億のメールから生成されるこの重要なデータが、当社の人工知能エンジンを培い、最新の脅威に適応するための、脅威情報の継続的な流れでコアフィルターを提供します。ISPと電気通信会社向けの、Vade Secureの特許取得済みメールセキュリティフィルターをお試しください。



Vade Secure Email Content Filter

group-9 (1)

人工知能:

フィッシング、スピアフィッシング、マルウェア、およびランサムウェア攻撃に共通の行動と異常を検知するよう訓練された、マシンラーニングとディープラーニングアルゴリズムを使用して、メール、ウェブページ、添付ファイル、画像を分析します。

group-15 (2)

添付ファイル分析

メールと添付ファイルの両方をチェックし、悪意あるリンクをスキャンし、PSFやWordドキュメント、.zipファイルなどの添付ファイルに埋め込まれているコードを調べます。当社の行動AIエンジンにより、Vadeは添付ファイル自体を分析せずに、マルウェアを検知することがよくあります。

group-11

ヒューリスティックベースの行動分析

Vade Secure R&Dが開発したヒューリスティックルールに基づき、メール、ウェブページ、および添付ファイルの行動分析を実行します。新しいヒューリスティックルールが絶え間なく生成され、最新の脅威に基づいてフィルターを微調整するために使用されます。

group-18

IsItPhishing.AI:

URLリダイレクトおよびその他の難読化手法に従って、URLおよびWebページをリアルタイムで分析します。AIは、VadeのAIエンジンを培い、R&DチームとSOCチームにフィルターを微調整するための最新の脅威データを提供します。

group-9 (2)

複数の統合が可能:

Vadeのコンテンツフィルターを、お使いのメールプラットフォームに簡単に統合できる、REST APIサービスとして利用できます。

動的なメール脅威に対する包括的対策

Vadeのコアフィルターエンジンは、ローカル分析とグローバル分析を組み合わせて、メールメッセージを分類し、動的な脅威を阻止します。ヒューリスティック分析と人工知能によってメールとウェブページの10以上の要素を計算し、安全性と分類について判断を下します。Vadeが動的なメール脅威を検知して阻止する方法についてより詳しく知るために、当社のソリューションをお試しください。
group-43

フィッシング対策

受信時とクリック時に、動的なフィッシング攻撃をリアルタイムで阻止

発見 ›

group-41

マルウェア/ランサムウェア対策

検知が困難なポリモルフィック型およびゼロデイ攻撃を阻止する。

発見 ›

group-3 (1)

アンチスパムとグレーメール

スパムと優先度なしのメールを制御

ソリューションを見る >

追加の特徴

貴社の顧客は、脅威分析によるレイテンシーや、下手な分類によるメール見逃しがない、安全でシームレスなメール体験を求めています。Vadeのコアフィルターエンジンは、バックグラウンドで動作するため、完全に透明で、貴社のユーザーを守り、メールをカスタマイズされたフォルダにフィルタリングします。

 

  • グレーメールの分類:受信ボックスを整理された状態に保つために、広告メールやマーケティングメールなど、優先度の低いメールはグレーメールフォルダに分類されます。
  • トランザクションメール検知:旅行や購入などのトランザクションメールは、参照しやすいよう、指定されたフォルダに分類します。
  • 安全な登録解除: 迷惑メールのリンクを一度もクリックする必要なしに、ユーザーをメールリストから自動的に登録解除します。

電子メールセキュリティリソース

group-3

BT Case Study

さらに学ぶ >

group-8

Email Content Filter for Providers

データシート >

group-3

SMX Case Study

さらに学ぶ >

専門的なサービスとサポート

カスタマイズされたアカウントサービス

移行と実装の前後および最中に、カスタマイズされたプロジェクトコンサルティングを提供して、Vade Secure Email Content Filterは貴社独自のメール環境に適応し、最大限のパフォーマンスを確実に発揮できるようにします。

テクニカルサポート

24時間年中無休のテクニカルサポートと継続的なメンテナンスが含まれ、SLAも付いています。

予防サービス

コンテンツフィルターのパフォーマンスとメンテナンスを監視して管理し、Vade Secureが管理する予防サービスによってKPIを追跡します。

24時間年中無休のグローバル脅威センター(SOC

フランスのリール、カナダのモントリオール、カリフォルニア州サンフランシスコ、日本の東京に位置する組織をフォローザサン形式で活用することで、Vade Secureは世界的なメール脅威を監視してレポートに応答しながら、Vade Secureに報告されたり、自ら検出したりした最新の脅威インテリジェンスに基づいてフィルターを継続的に更新します。