メールセキュリティ

MSPがメールセキュリティを販売するのに役立つVade for M365の4つの機能

E.J Whaley

7月 23 2020

0 min

中小企業がサイバー攻撃を受けやすいということを納得させるのは、なかなか困難です。そして、さらに多くのサイバーセキュリティ対策に投資するように説得するのは、さらに難しい場合があります。その両方を納得させるために、MSPはトライアル期間中にVade for M365の十分な価値を示す3つの機能を活用できます。

1.中小企業のリスクを制限する監視モード

保護モードがVade for M365のすべてのフィルタリング機能を有効にする一方で、監視モードはメールトラフィックを分析しますが、メールに対して一切処理を行わないため、優先的なメールをブロックしたり、間違って分類したりするリスクを抑えます。

自社の環境にとってまったく新しいメールセキュリティソリューションに広範な権限を付与することを懸念するリスク回避的な中小企業に対して、監視モードは大きなセールスポイントです。MSPは、リスクのないトライアルを顧客に提供しながら、ソリューションの有効性を証明する機会を提供します。

すべての顧客に単一の標準化されたスタックを提供するMSPの場合は、最初の展開中に監視モードを使用してすべてがスムーズに実行されることを確認してから、保護モードに切り替えると、十分なユーザ体験を提供できます。

4 Vade features

MSPはPOC期間中に監視モードから保護モードへ簡単に切り替えられます

  1. VadeEOPのキャッチ率の比較データを示す

Exchange Online Protection(EOP)はフィッシング検出に限界があることで知られていますが、多くの中小企業は依然として、メールセキュリティにさらに投資する必要性を確信していません。EOPと比較したVadeのキャッチ率を比較レポートで数値化することで、EOPが多くの脅威を見逃している事実を提示できます。

監視モードと保護モードの両方で利用可能な比較レポートは、EOPに重ねられるVade for M365の価値を示してくれる生のベンチマークレポートです。VadeはキャッチしたがMicrosoftは見逃してしまった脅威を顧客に提示することにより、標準のメールセキュリティだけで十分保護されているという中小企業の思い込みを打ち消す強力なメッセージを発信しましょう。また、この比較レポートからソリューションの継続的なROI(投資対効果)も分かるため、更新についての交渉中においても効果的なツールです。

 4 Vade Features 2

比較レポートで、VadeはキャッチしたがMicrosoftは見逃してしまった脅威が明らかになります

3.Vade Threat Coachが自動化されたユーザ認識トレーニングを提供します

テンプレートを使用して作成された一般的なフィッシングシミュレーションとは異なり、Vade Threat Coachは、Vadeによって収集された実際のフィッシングメールを使用してユーザーをトレーニングします。従業員がフィッシングメールをクリックすると、フィッシングの認識を評価するための一連の質問から成る簡単なクイズに答えるように促されます。トレーニングの内容は、ユーザーが操作したフィッシングメールのブランドに基づいて自動的に生成されます。

ユーザーは質問に案内され、なりすましメールアドレス、フィッシングメール、フィッシングウェブページを見分けるように求められます。MSPにとって、Threat Coachはセキュリティ製品の付加価値を示します。中小企業にとって、これはトレーニングスケジュールに従ったものではなく、必要な時に提供される非干渉型のユーザトレーニング方法を提供します。

4 Vade Features 3Vade Threat Coach

4.ログとレポートにより、顧客が受信しているメール攻撃を明らかにする

トライアル期間を通して、日々顧客が受信している脅威を彼らと共有しましょう。Vade for M365では、顧客のメールログを表示して、フィッシング、マルウェア、スパム、スピアフィッシングに分類されたメールを確認します。トライアル期間の長さに応じて、監視モードでVadeによって検出された(しかし削除されていない)メール脅威についてレポートするために、顧客に頻繁に連絡する必要があります。

メールログによって、Vadeが分類したすべてのメールを把握できるのと同時に、脅威ダッシュボードは受信した脅威のより包括的な概要を提供します。これにより、ハッカーが顧客を標的にするために使用する攻撃の種類についての洞察が得られます。

比較レポートと同様にメールログと脅威レポートは、自らが受信している脅威の実態を顧客に理解させるのに役立つ効果的な手段です。レポートをスケジュールして複数の受信者に送信することで、ソリューションの価値を常に顧客と利害関係者に考えさせることに繋がります。さらに、これらのレポートはどのユーザーがメール攻撃の標的にされやすいかを明らかにするため、顧客が追加のトレーニングを必要とするユーザを特定するのに役立ちます。

 4 Vade Features 4

メールログは、悪意のあるメールの件名だけでなく、メールの送信者と受信者も明らかにします。

4 Vade Features 5

MSPは、POC期間中に手軽に脅威レポートを出力して、顧客と共有できます。

脅威レポートのその他の機能には、MSPが、顧客のビジネスを標的とする脅威の種類について教育するために使用できるものが含まれています。それらには、フィッシング、マルウェア、スピアフィッシングメールの合計数と割合、ユーザを対象としたスピアフィッシングの類型などが含まれています。

4 Vade Features 6

4 Vade Features 7

トライアルの成功を確実にする

中小企業がトライアル中に何を期待できるのかを理解することが重要です。あらかじめ期待できることを設定しておけば、トライアルの最中に望ましくない驚きを軽減するのに役立ちます。例えば、トライアルの時間枠について事前に合意を得ておくべきですが、必要に応じて追加のデータ収集のために延長される場合があることを顧客は理解していなければなりません。

MSPがVade for M365を取り扱い始めて間もない場合、ソリューションに習熟するまでVadeがトライアル中の支援を行うことも可能です。さらに、パートナーポータルから無料の7日間トライアルを開始して、すぐにそれらを製品ライセンスに変換するのも容易です。Vadeとの提携について詳細をご希望の場合は、当社のパートナーページでさらなる情報をご覧ください